中古車購入を考え始めたら、まずはどういった目的で購入するのかを考えましょう。その目的によっては車種を考えなければならなくなりますし、そもそもその希望する車種があるかどうかも問題となって来ます。
単に荷物を積むという話であれば積む荷物の量をおおよその範囲でもいいのであらかじめ考えて予測しておいて、その上で車種を選ぶとよいでしょう。また、車種については維持費についても考える必要があります。燃費はどうか、毎年課税される自動車税または軽自動車税のような維持費はどうか、こうした状況から何を購入するかを考えていく必要があります。
購入時には様々な書類も必要になります。特に注意したいのが車庫証明です。もし現在住んでいるところが賃貸の場合、駐車場を借りていれば大家に許可をもらって押印をしてもらうだけで済みますが、もし駐車場を借りていない場合には、近隣でどこかを借りてこないといけません。その車庫証明の取得までに借りる契約を取り交わして車庫証明を取得する必要があります。
また、所有者をだれにするかも問題となります。もしローンで購入する場合には所有権を貸した人かローン会社が持つようになるので、印鑑証明を提出してもらう必要も出てきます。