車の運転について

| 未分類 |

自動車大国である日本では、普通免許を取得する事がほぼ当たり前になっているといえるでしょう。実際に就職活動をする際は、普通免許を取得していない場合かなり不利になります。取得していたとしても、AT限定などであると求人の必要な資格の対象外とされてしまうケースもあります。実際の生活でも、首都圏ならばタクシーやバスなどの交通網が発達しているためそこまで必要性を感じないのですが、一歩都会から外へ出れば移動手段として必要性不可欠でしょう。ですので、運転が出来ないとなると生活自体が不便になってしまいます。
そのような事から、免許を返却した高齢者達は都心のマンションに引っ越しをしてくる方が大勢いて、交通網が発達した地域での生活を選択するのです。現実的な問題としてら高齢者の運転が問題になっています。高速道路を逆走したり、アクセルとブレーキを踏み間違えて店舗に突っ込んだり人をはねてしまう痛ましい事故が全国各地で発生してしまっています。そのような問題から高齢者マークの貼り付けが義務づけられており、そのような高齢者を見かけた時には突然停まったり方向指示器とは逆に曲がったりするなど普通ならばあり得ない事も十分想定して気を付ける必要があります。