ハンドル操作のコツ

| 未分類 |

自動車はハンドルで舵をきり曲がることが出来ます。当たり前のことですが、その原理を良く理解していないと、タイヤを傷めたり車を傷めたりすることになるので、そのコツをつかんで上手に操作することが大切です。
ひとつは、出来るだけ急ハンドルは避けることです。自動車は路面とタイヤの摩擦で走り、曲がり、止まることは自動車学校で習っていると思います。ハンドルをきることは、まっすぐ進もうとしている力に対して曲がろうとする力を加えるので、タイヤはきり始めは横に力を受け、路面とタイヤの摩擦で直進しようとする力に打ち勝って曲がっていきます。したがって、ハンドルを急にきると大きな力がタイヤにかかるので、タイヤが減ったり路面の状態が悪い時には滑ったりします。その為、曲がり始めにはスピードを落として、ゆっくりとハンドルをきり進めていくのがタイヤを傷めない、良いハンドルのきり方です。
また、曲がり終えてハンドルを戻す際もゆっくりと戻していくのが安定して車を走らせるとともに、乗っている人にもショックを与えない操作方法です。
車は慣性で走っているので、向きを変えるときにはその慣性に逆らった動きをする形になります。その為、その慣性を急激に変えようとするとスリップしたりする原因となります。ハンドルの操作はゆっくり、また早く操作しなければならない時は極力速度を落として慣性の力を弱めて操作することが上手なハンドル操作のコツです。