» 未分類のブログ記事

最近は夏が極端に暑いため、エアコンなしではとてもいられません。車の中は狭い上に窓も大きく直射日光を浴びるので、ますますエアコンなしでは耐えられない状態ですね。
その為、夏はカーエアコンのスイッチを入れっぱなしにしている人も多いと思いますが、ちょっとした工夫で燃費が良くなり、エアコンの効率も挙げることが出来るのです。
まず、エアコンは冷気を吹き出すためにコンプレッサーを動かしますが、車の場合はこの動力をエンジンからとっています。その為、エアコンを入れるとエンジンの回転数が下がるという経験をした人は多いと思います。その為、エンジンに一番負荷のかかるエンジン始動時はエアコンを切っておき、エンジンの回転が安定してからエアコンのスイッチを入れる。これだけでもかなりの節約方法です。
また、ある程度社内の温度が下がったらエアコンを切る人は多いと思いますが、その際にいきなり切るのではなく、ファンだけは回すことでエアコン内部に残っている冷気を無駄なく社内に吐き出すことが出来ます。しばらくするとまた暑くなるので、そうしたらまたエアコンのスイッチを入れる、このひと手間だけでもかなりの節約方法です。
さらに、エアコンには外気導入と内部循環の切り替えスイッチがありますが、これを内部循環にすることで冷気を逃がさずに循環するので効率よく冷却できます。

ハンドル操作のコツ

| 未分類 |

自動車はハンドルで舵をきり曲がることが出来ます。当たり前のことですが、その原理を良く理解していないと、タイヤを傷めたり車を傷めたりすることになるので、そのコツをつかんで上手に操作することが大切です。
ひとつは、出来るだけ急ハンドルは避けることです。自動車は路面とタイヤの摩擦で走り、曲がり、止まることは自動車学校で習っていると思います。ハンドルをきることは、まっすぐ進もうとしている力に対して曲がろうとする力を加えるので、タイヤはきり始めは横に力を受け、路面とタイヤの摩擦で直進しようとする力に打ち勝って曲がっていきます。したがって、ハンドルを急にきると大きな力がタイヤにかかるので、タイヤが減ったり路面の状態が悪い時には滑ったりします。その為、曲がり始めにはスピードを落として、ゆっくりとハンドルをきり進めていくのがタイヤを傷めない、良いハンドルのきり方です。
また、曲がり終えてハンドルを戻す際もゆっくりと戻していくのが安定して車を走らせるとともに、乗っている人にもショックを与えない操作方法です。
車は慣性で走っているので、向きを変えるときにはその慣性に逆らった動きをする形になります。その為、その慣性を急激に変えようとするとスリップしたりする原因となります。ハンドルの操作はゆっくり、また早く操作しなければならない時は極力速度を落として慣性の力を弱めて操作することが上手なハンドル操作のコツです。

燃料の節約や温暖化の影響がある排出ガスを削減するために、アイドリングはなるべくしないほうが良いと言われています。アイドリングというのは、車が止まっている状態でエンジンをかけていることを言いますが、たとえば、駐車場に止まって休憩しているときにエンジンをかけっぱなしだったり、信号待ちのときもアイドリングの状態にあります。

もし理想的にアイドリングをストップすることができると、燃費を約14%程度抑えることができると言われています。また、もし1日10分間のアイドリングをストップすることができれば、車1台あたり1年間で約120kgのCO2を排出を削減することができると言われています。

アイドリングをストップさせる方法は単純で、車が止まる度にエンジンを切るだけです。ただ、信号で止まる度にエンジンを切ったりかけたりするのは大変なことです。そこで停車すると自動でアイドリングをストップし、アクセルを踏むと瞬時にエンジンがかかるアイドリングストップ機能がついている車もあります。

ところで、エンジンをかけるときに必要なガソリンは、5秒間エンジンをストップするときと同じなので、5秒以下の場合はアイドリングをストップしない方が良いようです。

車の運転について

| 未分類 |

自動車大国である日本では、普通免許を取得する事がほぼ当たり前になっているといえるでしょう。実際に就職活動をする際は、普通免許を取得していない場合かなり不利になります。取得していたとしても、AT限定などであると求人の必要な資格の対象外とされてしまうケースもあります。実際の生活でも、首都圏ならばタクシーやバスなどの交通網が発達しているためそこまで必要性を感じないのですが、一歩都会から外へ出れば移動手段として必要性不可欠でしょう。ですので、運転が出来ないとなると生活自体が不便になってしまいます。
そのような事から、免許を返却した高齢者達は都心のマンションに引っ越しをしてくる方が大勢いて、交通網が発達した地域での生活を選択するのです。現実的な問題としてら高齢者の運転が問題になっています。高速道路を逆走したり、アクセルとブレーキを踏み間違えて店舗に突っ込んだり人をはねてしまう痛ましい事故が全国各地で発生してしまっています。そのような問題から高齢者マークの貼り付けが義務づけられており、そのような高齢者を見かけた時には突然停まったり方向指示器とは逆に曲がったりするなど普通ならばあり得ない事も十分想定して気を付ける必要があります。

 

中古車購入を考え始めたら、まずはどういった目的で購入するのかを考えましょう。その目的によっては車種を考えなければならなくなりますし、そもそもその希望する車種があるかどうかも問題となって来ます。
単に荷物を積むという話であれば積む荷物の量をおおよその範囲でもいいのであらかじめ考えて予測しておいて、その上で車種を選ぶとよいでしょう。また、車種については維持費についても考える必要があります。燃費はどうか、毎年課税される自動車税または軽自動車税のような維持費はどうか、こうした状況から何を購入するかを考えていく必要があります。
購入時には様々な書類も必要になります。特に注意したいのが車庫証明です。もし現在住んでいるところが賃貸の場合、駐車場を借りていれば大家に許可をもらって押印をしてもらうだけで済みますが、もし駐車場を借りていない場合には、近隣でどこかを借りてこないといけません。その車庫証明の取得までに借りる契約を取り交わして車庫証明を取得する必要があります。
また、所有者をだれにするかも問題となります。もしローンで購入する場合には所有権を貸した人かローン会社が持つようになるので、印鑑証明を提出してもらう必要も出てきます。

車の洗車ポイント

| 未分類 |

きれいな車は見ていて身持ちの良いものですい、運転するのも楽しくなります。ガソリンスタンドにある洗車機を利用すると楽ですが、お金がかかるのと、ボディを傷つける恐れがあるので、できれば自分で行いたいものです。自分できれいに洗ってあげると、なお一層マイカーに愛着もわくことでしょう。

基本的な洗車の仕方は、まず専用シャンプーでボディを洗ってあげましょう。シャンプーをすると、80%の汚れは除去できます。しかし、近付いてよく見てみると、ピッチやタールなどの小さな汚れがこびりついていたり、手で触ってみるとざらざらしていることに気が付くことでしょう。これは頑固な汚れで、ただシャンプーしたぐらいでは取れません。

ピッチやタールを除去するためには、専用のクリーナーが必要です。それでも取れない場合は、目の細かいコンパウンド剤で表面を削り取ります。根気のいる作業ですが、ピカピカなボディを手に入れるためには避けては通れない作業です。

ボディをつるつるにした後は、ワックスやコーティング剤で保護してあげます。輝きが増し、満足の行く仕上がりとなることでしょう。少しでも作業を楽にするために、電動クリーナーなどを使用するのも良いでしょう。

車の整備というと、専門家に任せないとできないことばかりと思われますが、1人でも、初心者でもできるものがあります。
まず簡単にできて、非常に重要なものとして、タイヤのチェックがあります。タイヤに何か異物が刺さっていないか、変な傷がないか、磨り減っていないかなど、目視でできるものばかりです。これに、空気圧が適切かどうかをチェックも含めると、十分な整備といえます。
他には、ワイパーのチェックなども初心者でもできるものになります。窓ガラスをふき取るゴムの部分は、ある程度使うと劣化してきてきれいにふき取れなかったり、縞模様になったりして視界を確保できなくなります。そこで、このような状況になったらワイパーの交換をしなければなりません。この作業、考えている以上に簡単で、ブレードだけ買ってきて交換するだけです。せっかくワイパーをチェックしたのなら、合わせてウォッシャー液もチェックしましょう。少なくなっていたら補充するだけです。
これ以外に、おそらく自動車学校でも教えるもののひとつとして、エンジンオイルのチェックがあります。オイルゲージを一度抜いてきれいにふき取り、もう一度差し込んでオイルの状況を確認します。汚れているようだとオイル交換が必要ですし、量が足りないようだと追加することになります。オイル交換は、行きつけのガソリンスタンドでお願いすれば大丈夫です。

燃費向上の方法って?

| 未分類 |

円安傾向が強まったことを受けて、再びガソリンの値段が上昇し始めています。その結果、庶民の家計を圧迫しているので人々はなんとかして燃費を浮かせる方策を考えてうまく節約しているのです。例えば、燃費向上に効果があるのはなんといってもアイドリングストップです。アイドリングストップというのは、車の惰性を活かしながら車が停まるときにエンジン自体をストップさせます。この方法で燃料の消費をぐっと抑えることが出来るようになります。止まっている時にエンジンを切るだけでかなり燃費を改善する効果があると言われています。意外なことですが、天気の良い日や気温が高い時は燃費が改善します。天気が良いとエンジンが温まる時間が短いことから燃費が良くなります。冬場にちょっと近場まで買い物という場合には、外気が寒いのでエンジンが温まるまでに時間がかかって仕方がありません。よってその分だけガソリンの燃焼が必要となってしまうことから、燃費が悪くなってしまうのです。アイドリンストップについての注意点ですが、安全上ダンプカーやトラックの後ろではとっさに動くことができないのでやらないようにしましょう。それ以外でしたら、十分な車間を開けてやりましょう。

車のお役立ち情報特集

| 未分類 |

車のお役立ち情報特集として、ちょっと得する情報があります。運輸支局で登録をする場合、月割りで支払う税金がありますが、月末に登録をすると月割りで登録の翌月以降を支払うことになりますから、大手ディーラーなどには登録を1日にしてほしいと言えば、1か月分の税金をちょっとだけですが得した気分になれます。
また、抹消登録をする際にはなるべく早く手続きをすることが大切です。これも先の税金が月割りで還付つまり戻ってくるので、それだけお得感が増します。結果、多めに税金が戻ってくることになるのでお得であると言えます。
注意するべきなのがこの抹消登録をする際に業者側が指名債権譲渡という書類を説明もなしに記載させるところがあります。この書類は本来払った人の元に戻るべき税金を別の人に還しますよ、そのことに同意しますよという内容の書類になりますので、もしこれに署名捺印をした場合には税金が戻って来ません。もしこの書類への署名捺印を求められた場合には、なぜ署名捺印をする必要があるのかについて納得のいく説明を求めてもよいでしょう。おそらくは納得できる説明ができませんので、払った税金を業者が横取りする話ですから、場合によっては買取り価格を上乗せするなどの対応をしてもらう必要もあるでしょう。